c

こはるの本と珈琲

アラフィフワーママのこはる。好きな本とコーヒーを楽しみながら書く日記。

幼い夢中がもたらす未来への可能性


小5の娘がいる。

今、彼女が夢中になっているのが、レジン。

クリスマスプレゼントで本体を買い、

お年玉で追加購入をしている。

 

昔から作ることが好きだけど、そこまで器用ではない。

「並の力」はある。

そんな彼女を見ていると、思うことがある。

・好きなことは何度もやる。

・何度もやると、「並の力」から向上していく。

・作ったものをプレゼントされた人はとても嬉しい。

***

天職を探す人は多い。

私も若い自分は随分と悩んだっけ。

最近読んだアドラー心理学の本を読んで、天職の見つけ方がわかった。

やっていて楽しい→知識や技がついて強みになる→大きな貢献を社会にもたらす→「ありがとう」では不十分な域まで行くと、お金が発生する。

ああ、もっと早く知りたかったなあ。

私はもう50歳。

残り時間は天職を探すより、今の仕事をライスワークと割り切って、プライベートを楽しもう。

だから、娘には勉強しろ!なんて言わずに、子供のうちは好きなことを存分にやる時間を保障しようと思う。

もしかしたら、それがいつか、社会に貢献できる域の知識や技にまでいくかもしれない。

何が職業として残るかわからない将来。

憧れに向かって一直線!よりも、幼い頃に夢中になったその「価値」さえ分かれば、柔軟性をもって仕事選びができるかも。

***

レジン。

私にはできない職人技。

もうすぐパパの誕生日。

「T」のキーホルダーをYouTubeを見ながら懸命に作る様は、

我が子ながら美しい。

文房具好きな私が買った万年筆に期待する。

万年筆を使ったことがない・・・。

 

興味はあるが、どれがいいのかよくわからない。

 

ガラスペンなるものもあるらしい。

 

興味がむくむく湧いてくる。

 

そうなるとアンテナがピピっとたつ。

 

昨日娘と行った本屋さんで、偶然見つけたこの子。

 


ボディは落ち着いた緑色で、渋い。

 

値段もそこそこ。

 

これはいい。

 

インクが紙に乗る感じが、ボールペンでも油性ペンでもない、濃淡が出る。

 

素敵。

 

もっと早くに買えばよかったなあ。

 

最近書いているモーニングノートにこのペンをセットした。

 

これならきっと、続くはず。

 

手紙を書かなくなったこの時代。

 

デジタル優勢なこの頃。

 

なのにどうして文房具が好きな人が多いのか。

 

よくわからないけど、

 

だけど私は文房具が好き。

 

50歳になっても、まだ見ぬ文房具と出会える楽しさを待ち侘びている。

 

 

 

 

 

 

自分ならではの仕事をする


2024年が始まってわずか4日、既に様々なジャンルの本を多数手に入れてしまった。

  • アドラー心理学に関する解説書
  • 3年間の星占いガイド
  • 「日経大人のOFF・2024年展覧会」の案内書
  • 世界の名画を巡る旅を紹介する一冊
  • お金の使い方に関する新しい視点
  • 50歳からの時間管理術
  • 感情コントロールのためのレッスン
  • 愛される焼き菓子のレシピ集
  • 生命科学を基にしたビジネスと人生の考え方

これらを飽くことなく読み耽っているが、ただ読むだけで満足していいのだろうか。

もっと専門的な知識を追求すべきかと思いつつも、そんな半端な「残り物」が人生の中にたくさんある。

それが私らしさかもしれない。しかし、残された時間が少なくなっている今、それで本当に良いのだろうか。

 

いや、まって。限られた時間だからこそ、好きなものを心ゆくまで楽しむことも大切。

新たな本たちを前にして、そんな疑問が浮かんでくる。

 

それでも、いいのだ。

読んで、感じて、感想を共有し、少しでも興味を持ったことを試してみる。

そんな日々を繰り返してきた10年間が、今の私を作り上げている。

今の私は、それほど悪くない。

心身ともに辛い時期もあったが、それなりに前を向いて生きてきた。

 

今の仕事は、子供の頃からの夢だった。

想像とは異なる点も多いが、仲間が少ない中、自分の役割を精一杯果たしてきた。

継続の先に何かがあるか、あるいは何もないか。

努力が報われることもあれば、そうでないこともある。

 

特定のビジョンがない今、「自分ならでは」の仕事をしているだろうか。

それは分からない。

 

ただ、現在のポジションは、私の仕事ぶりに対して、他者から与えられた「結果」だと思う。

それはそれでありがたい。

 

私はいろんな知識を得て、それを伝えることに情熱を注ぐタイプ。

対象が子供から若い先生に変わった。

 

組織を動かすのは難しいが、改善点が見えてくる。

その意見を述べる機会もある。

言ってみる価値はある。

変わるかどうかは私がコントロールできるものではない。

けど自分がどう動くか、考えるかは自分次第。

 

今日から仕事。

 

子供の頃からの夢を叶えた。

比較的働きやすい環境にいる。

 

あとは自分が仕事にどう対峙するか?

 

2024年の仕事の目標は「自分ならではの仕事をする」こと。

そう、それがいい。

そんな気がする。

 

与えられたものをこなすだけではなく、

自分ごととして考えるだけではなく、

どう「自分ならでは」の仕事にするか。

 

読みかけの本を前に、今朝も色々と思いを巡らせている。

親切の循環がもたらす幸せな日々


夫の実家から戻った昨日。

 

父母に会えること、田舎の空気を吸って生き返ること、好きなことばかりだけれども、やっぱり「家」がいい。

 

「家がおかえりって言っている」

 

そんな気がする1月3日。

朝起きて、暗闇の中、キャンドル灯して日記を書く。

窓を開けて、深呼吸をし、朝を迎えたことに感謝の祈りをする。

 

のんびり始まった1月3日。

正月気分の最後の日。

今日は1日何をしようか、しないでおこうか。

あれこれ考えていた。

 

そしたら、夫が急に始めた「換気扇掃除」。

私は苦手なこの掃除。

やってくれるのがありがたくって仕方がない。

ありがとう。

 

私も何か家族に、あるいは誰かに親切にしたい。

今日は何か一つでも親切にしたかな?

 

私は「ビールを買う」「筆箱を買う」「本を買う」、そんな形でしか「親切」を考えていないのかもしれない。

 

そうじゃない。

 

掃除をする、片付ける、ゴミを出す。これって単に「家事」というジャンルに入るだけかな。

 

家の中だと、そうかもね。

 

でも街ですると「親切」に入るよね、きっと。

 

小さな集団である家族。

そこで行う親切ってなんだろう。

 

いやいやまって。 そもそも換気扇掃除も、「家事」なだけじゃない?!

 

それを夫がすると「親切」だと感じるのはどうなのか? でもそれもちょっと違う・・・。

 

「換気扇掃除」は食器洗いやトイレ掃除と異なる。

私が苦手なのだ。

それを率先してやってくれる。

それは「親切」と言ってもいいのでは・・・。

 

「親切」

 

親切にすると、ありがとうって言ってもらえる。

 

相手の「感謝の気持ち」が大きくなると、お金が発生する。

 

親切って人のためじゃない。

最後は自分に返ってくる。

 

相手が必要な「親切」を1日3個はしてみたい。

けど注意事項がある!

過剰な「親切」は甘やかしになってしまうこともある。

それに自分を潰しかねない。

 

バランスが難しい。

 

けど、1日3つは親切をしたい。

それを日記に書く。

親切日記。

それを今年を継続していこうと思う。

 

コーヒーのお湯を沸かすキャトルまでピカピカに✨ありがとう



 
 

 

2023年・心に残った本「幸せの授業」

2023年も多くの本を読みました。

 

気づきや学びがたくさんありました。

 

その中でも特に心に残っているのが樺沢紫苑先生の「精神科医が教える幸せの授業」

 

この本は幸せを科学的に捉え、具体的な実践法を示しています。

 

「健康」「つながり」「成功」という「幸せの3段重」理論は、私の日々の生活に新たな視点をもたらしました。

 

健康を基盤に、人間関係を大切にし、仕事での実りある成果をめざす。

 

このシンプルながら深い教えは、毎日の小さな行動に反映されています。

 

2024年も、この学びを深め、一歩一歩、真の幸福に近づいていきたいと思います。

小さくても動く


こんにちは、こはるです。

 

昨日発生した能登半島付近での地震。被害に遭われたすべての方々に心からのお見舞いを申し上げます。

 

予測できない自然の力の前に、時に無力感を感じることがあります。

 

そして自分になんて何ができるのか、と立ち尽くすことも。

 

でもこのままでは・・・と思い、今できることを見つけ、行動に移すことにしました。

 

少額ですが募金をさせていただきました。

 

すでに、Yahooやローソン、赤い羽根。いろんな募金先がありました。Xでも多くの方が呼びかけていらっしゃいますね。

 

夫の職場の方も被災されたそうで、心配です。

 

小さな行動が、被災地の方々にとって少しでも力になれば幸いです。

暖かい冬の帰省日、ソフトクリームで喜びを共有

二日目の夫の実家への帰省は晴れやかな一日。

 

気象予報士の予測通り、春のような暖かさに、フリースのベストが汗ばむほど。

しかし、洗濯物が山積みで、結局はコインランドリーへ。

 

可愛い次女が付き合ってくれた。

 

雪の中で遊ぶ次女を見ながら、年末の日差しを楽しむ。

 

いつもは近所の農園でソフトクリームを買うのだが、今日は年末のため野菜だけでアイスの販売はなし。

 

がっかりする次女のために、道の駅にある同じミルク工房の店舗へ。

 

そこでは幸運にもソフトクリームをゲットし、娘は喜び、私はのんびりとした時間を過ごせた。

 

長女からは「いつ帰る?」とのLINEが。

 

いつも私の帰りを心配してくれる中2の娘。でも、今日は気兼ねなくゲームができるかなと思っていたのかも。

 

確かにそろそろ帰る時間。

 

この日の予定外の楽しい変更を振り返る。

 

私はこういうサプライズが大好き。

 

次女も楽しんでくれたし、長女がいてもきっと大丈夫。ただ、夫には無理な話かもしれないな😁