c

こはるの本と珈琲

アラフィフワーママのこはる。好きな本とコーヒーを楽しみながら書く日記。

本と珈琲

不安からの一歩:娘との向き合い方

この一週間は娘は受験に対する不安に向き合い、私は不安がる娘に向き合いました。 これ!という答えってないことが多い世の中。 結局これ!と決めて、一歩踏み出すこと自体が答えなのかもしれません。 最初の一歩に娘は私が想像する以上の大きな勇気がいるよ…

2023年・心に残った本「幸せの授業」

2023年も多くの本を読みました。 気づきや学びがたくさんありました。 その中でも特に心に残っているのが樺沢紫苑先生の「精神科医が教える幸せの授業」 この本は幸せを科学的に捉え、具体的な実践法を示しています。 「健康」「つながり」「成功」という「…

大好きな京丹後・大好きなカフェで年納め

京丹後市にあるお気に入りのカフェ・ミツバチ 今日の朝、夫の実家がある京丹後に帰省。 例年にない温かさに驚くばかり。雪がないし、店では汗ばむし。 ついた早々、お父さんの畑の大根を抜いたら感動。 真っ白でまっすぐ伸びた大根。 味はもちろん間違いなく…

コーヒーの絆:人と人を結ぶ力

今日、職場でコーヒーを淹れていたら、同僚がやってきて、同じようにコーヒーを淹れていた。 お互いドリップパック。 コーヒー、好きなん?はい好きなんです。そんな会話を交わした。 デスクに戻る私の後をついてきたその人は、あなたが辿り着いたおいしいド…

60代の憧れの生活|60代大人暮らしの衣食住・小暮涼子

60代になったら、こんな風に暮らしてみたい。 インテリアやファッション、暮らしぶり、全てが憧れ。 特に刺激を受けたのが、壁紙の張り替え。 それもご自身でなさったとか。 体力があるうちにやってみたい、気がするけど、私にできるかな・・・。

珈琲とカカオのハーモニー|秀野真希の器で紡ぐ、心地よい時間

珈琲を愛している。 でも、私の心を満たすのは、珈琲だけではない。 幸せを味わうための、完璧な組み合わせがある。 「織の花」のカカオと、秀野真希さんの美しい器。 この組み合わせで、日常の一杯が特別な体験に変わる。 *織の花 コーヒー豆の焙煎を旦那…

「続ける」をデザインする。

趣味があちこちに広がる私。 そして続かない。 続けた先に趣味が見つかるかもしれない。 続いたものが、「趣味」なのかもしれない。 まずは日1日だけ、「やりたいこと」が「できる」仕組みをデザインしてみよう。

気軽なレシピ本

大好きな藤井先生のレシピ本。 おにぎりと味噌汁で体を整える献立。 50歳になった私。 健康に気をつけて、 楽しいことをたくさん経験したい。